大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

公開日: 更新日:

 大谷翔平(26=エンゼルス)が米球界で脚光を浴びている。

 日本時間13日のロイヤルズ戦。1点リードで迎えた七回2死二、三塁から大谷が放った右翼越え2点二塁打の打球速度は119マイル(約191.6キロ)を計測。MLB公式ホームページはトップ記事で「大谷は2015年にスタットキャスト(弾道解析機)が導入されて以来、119マイル以上の打球を放った5人目の選手になった」と報じた。

 大谷のスピードやパワーがメジャーでも抜けているのは間違いない。今季は投げて164キロ、打って191.6キロ、3本塁打。中でも打つ方は12日現在、ア・リーグ西地区首位を走るチームの勝利に大きく貢献している。

 しかし、投げる方はどうか。

 ここまで1試合、4回3分の2を投げて2安打1失点、7奪三振。球はめっぽう速いが、例によってコントロールが定まらない。5つの与四球と自らの暴投などで5回を投げ切れずに降板している。しかも右手にできたマメの影響で、次回登板の具体的な予定もいまだ決まっていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る