西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

中日に思い切って仕掛けた第7戦初回のバスターエンドラン

公開日: 更新日:

 ナゴヤドームでの第6戦は両軍の総力戦により、延長十五回を引き分けた。同じ敵地での第7戦もロッテは先攻。積極的に動いて先制点を取ることで、こちらのペースに持ち込みたかった。この試合にきちんと合わせてくれた選手たちなら、攻めの采配にも応えてくれると信じていた。

 初回、先頭の1番西岡剛が安打で出塁。無死一塁の場面となり、2番清田育宏にはバントを指示した。しかし初球がボールとなったところで、思い切ってバスターエンドランを仕掛けた。相手ベンチはおそらく、エンドランは想定していなかったと思う。三塁手と遊撃手が打球を処理する際に交錯。一、三塁と好機を拡大し、3番井口資仁の適時二塁打と4番サブローの犠飛で2点を先制した。

 その後、三回を終えて2―6と4点差をつけられたものの、四回裏から勝ちパターンのリリーフである薮田安彦を投入。2イニングを無安打に抑えてくれたことで、徐々に流れがこちらに傾き始めた。六回以降も内竜也、小林宏之を起用。勝ちにいくぞ、というベンチの姿勢をナインに伝える意味もあった。打線も奮起し、五回に同点に追いつくと七回に1点を勝ち越すことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る