西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

エラーしたとき村田兆治さんは怒るどころか励ましてくれた

公開日: 更新日:

 外野のフェンス沿いを黙々とランニングする姿が、一番印象に残っている。

 独特のマサカリ投法で通算215勝を挙げたロッテの大エース・村田兆治さんのことだ。

 私がプロ入り2年目の1983年、村田さんはアメリカで以前から痛めていた右肘を手術した。2年間のリハビリを経て85年に17勝をマーク。日本球界で初めて「トミー・ジョン手術」で復活を遂げた。

 村田さんは手術前後に二軍で調整しているときも、手術から復活した後も、とにかく走っていた。マサカリ投法で投げるためには走り込んで下半身を鍛えないといけないという。フォークを投げるために指も常に鍛えていた。村田さんほどの大選手が誰より練習をするのだから、他の投手はもちろん、私を含めた野手も大いに刺激を受けた。

 村田さんが投げる試合で初めて二塁を守ったときは、背番号29の後ろ姿から漂うオーラに緊張すると同時に胸が躍った。私がプロ入り前に所属していた国鉄鹿児島鉄道管理局時代、同じ鹿児島でキャンプを行っていたロッテの紅白戦を見学したことがある。有藤通世さんや村田さんのプレーを羨望のまなざしで見ていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る