西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

大乱闘の試合後に、傷だらけのトレーバーとまさかの遭遇

公開日: 更新日:

 金田正一さんは選手の健康管理に人一倍、目を光らせる監督だった。ランニングの量を増やし、散歩を課した。禁煙推進もそのひとつだった。特に投手には、「体に悪いものなんか吸うな」と口酸っぱく言っていた。

 当時は私も含め、今よりも選手の喫煙率は高かった。そんな監督の方針の下、コーチは禁煙を義務付けられていた。そんな中、遠征先であるコーチが「たばこを1本くれ」と声をかけてきた。

「選手の前で吸っちゃあマズいでしょ」

「そんな固いこと言うなよ」

 仕方なく1本差し出すと、そのコーチは陰に隠れてプカプカと煙を吐き出していた。

■禁煙推進の余波も

 その日の夜。チームメートと宿舎で食事をしながらビールを飲んでいた。同じテーブルにいた後輩選手が先輩のグラスが空になりそうなのを見て、瓶からビールをついだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る