巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

公開日: 更新日:

 巨人の生命線だったリリーフ陣が苦しんでいる。

 12日のDeNA戦は七回まで1点をリードしながら、八回に4番手で登板した高梨がソトに逆転2ランを被弾。5番手・井納も新人・牧に左翼席へブチ込まれ、痛い追加点を許した。九回に岡本和の同点2ランで引き分けたものの、本来なら1点差で勝ち切りたかったところだ。

 巨人のチーム防御率は3.24でリーグ3位。しかし、救援防御率は3.93で同ワーストだ。チーム防御率が4.63でダンゼンの最下位のDeNAでさえ、救援に限れば3.78で巨人より上だから、危機的状況といえる。

 巨人OBで元投手コーチの中村稔氏がこう言う。

「今のリリーフ陣では苦しい。すでに井納ら先発漏れした投手をリリーフに回しているが、機能していない。さらに再編成するしかないでしょう。中継ぎ経験があって球威のある畠あたりを先発からリリーフに回し、しのぐしかないのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る