大谷“リアル三刀流”に今後も意欲 マドン奇策でMVPまである

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が二刀流どころか三刀流をこなした。

 日本時間12日のアストロズ戦に「2番・投手」のリアル二刀流で出場。投げては7回を1本塁打含む4安打1失点、10奪三振。打っては4打数1安打2三振。降板直後の八回裏には今季2度目の外野守備(右翼)に就いた。2018年に渡米してから初めて同一試合で3つの役割をこなしたが、救援陣が打ち込まれて競り負け。好投も報われずに2勝目(0敗)はお預けとなった。

 ジョー・マドン監督からは六回の攻撃中に守備に就くことを伝えられたそうで、大谷は「僅差で(九回に)打席が回ってくる感じだったので、もちろん行きたかったですし、良かったんじゃないかと思います」と話した。4月25日のアストロズ戦で左翼守備に就いた際は同僚アップトン外野手のグラブを借りたが「ああいうことがあったので、今回の遠征から(外野手用のグラブを)持ってきてます」と、三刀流にやる気を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る