西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

2010年主将指名 西岡剛を一度だけ叱り飛ばしたことがある

公開日: 更新日:

 2010年の監督就任前から、西岡剛をキャプテンに指名することを決めていた。

 思い入れの強い選手の一人だった。大阪桐蔭高から2002年ドラフト1巡目で入団した西岡の1年目(03年)、私は二軍内野守備走塁コーチとして、育成に携わった。

 打撃、守備、走塁すべてにおいてキラリと光るものがあった。コーチとして、総じて選手と平等に接しなければいけないとはわかっていても、同じく遊撃手として入ってきた1年先輩の今江敏晃とともに、何とか一軍で通用する選手に育てないといけないという思いが強かった。

 一度だけ叱り飛ばしたことがある。西岡の1年目のシーズン序盤。浦和球場での試合後、ダッグアウトに呼び、走塁について指導した。

「きちんとプレーの状況を見ながら、判断しないといけないぞ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る