西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

バレンタイン監督の日替わりスタメンに不満な選手への助言

公開日: 更新日:

「何でスタメンじゃないんですか?」

 バレンタイン監督時代、選手からこう言われたことが何度かあった。ボビーは選手と積極的にコミュニケーションを図った。日々の体調の変化などを観察し、数年間の相手の先発投手との相性などのデータを基にスタメンを組んだ。前の試合で複数安打を放った選手が外れることもあった。

 このやり方は、徐々に選手に浸透していったけれど、年数を重ねるとともに選手の中でわだかまりが芽生え始めたように思う。納得いきませんよ、と言わんばかりに不満を漏らす選手もいた。

「気持ちはわかるけれど、監督は1年間を乗り切るために時に休養も大事だと考えている。次も出る機会は絶対にある。とにかく辛抱して、次出た時に結果を残すしかない」

 個人的に選手を呼んで、こう伝えたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る