巨人は今村好投も中川打たれ…病み上がり菅野の負担減らず

公開日: 更新日:

 巨人今村信貴(27)が復帰登板で好投した。

 8日のオリックス戦に先発。5回3安打無失点で3勝目の権利を持って降板も、6番手の中川がまさかの3失点で逆転された。何とか同点に持ち込んだものの、巨人にとっては痛い引き分けとなった。

■追い込まれる投手陣

 今村は先月23日の中日戦で自身最短の1回3分の0を3安打3失点でKOされた際、「最初の時はいい状態だったけど、その時から比べると、違うということは本人が一番分かっていると思うけどね」と原監督に二軍落ちを命じられた。宮本投手チーフコーチも「残念。スピードも落ちてきたし、ボールの強さもなくなった。力が戻ってきたら、また(昇格を)考えたい」と説明していただけに、原監督も一安心の内容だったに違いない。

 今村が帰ってきてくれないと困る――。それほど投手陣は切羽詰まっている。現先発陣はサンチェス、高橋、メルセデス、戸郷、そして6日に右肘違和感から復帰したばかりのエース菅野智之(31)。さる球界関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る