西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

今江敏晃を指導して気づいたコーチとしての接し方と反省

公開日: 更新日:

 今江はその後、仲の良い選手と会話をしていた。様子が気になり、一緒に話をしていた選手にさりげなく、今江がどんな受け止め方をしているかを尋ねた。ところが、今江は私が伝えた内容を全く理解しておらず愕然とした。伝わるものだと思って接したものの、自分の思い込みに過ぎなかった。今江本人がどんな考えを持って守備に取り組んでいるのか、きちんと話を聞いて確認した上で、それに合わせた指導をすべきだと反省した。

 今江は当時、小坂誠という名遊撃手がいる中で内野にこだわり、三塁手として才能開花。05年、10年と2度の日本一に貢献してくれた。これは余談だが、09年にはボビーとの三塁スタメンのやりとりで、ボビーが「ゴリ(今江)」と言ったのを堀(幸一)と勘違いしてしまったこともある。

 10年は西岡とともに自主性を尊重し、大人扱いした。07年に左手有鉤骨、08年に右上腕を骨折し、09年も不振に陥るなど苦しい時期が続いていた。ただ、新人時代から頑張る姿を間近で見てきただけに、必ず復活すると信じ、開幕から三塁で起用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る