ソフトBロドリゲスが亡命 2年連続トンズラは偶然か必然か

公開日: 更新日:

 ソフトバンクのキューバ人選手に亡命騒ぎだ。

 今年1月に育成契約を結んだばかりのアンディ・ロドリゲス(22)が米国で失踪。同国で行われていた東京五輪野球の予選に出場していたロドリゲスだが、現地マイアミで行方不明に。7日発の便にも搭乗せず、キューバ野球連盟は「ロドリゲスはソフトバンクとの契約を破棄し、米国に残ることになった」と声明を出した。詳細は不明だが、亡命とみて間違いはないだろう。

■昨年のコラスに続いて…

 これに頭を抱えているのがソフトバンクだ。昨年1月も支配下のコラスが米国に亡命。来年からホワイトソックスと約3億円で契約合意したことが報じられた。

 ソフトバンクの三笠GMは8日、「(ロドリゲスは)まだ亡命と決まったわけではない。契約を解除する意向はない」と話したものの、内心は怒り心頭のはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る