西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

今江敏晃を指導して気づいたコーチとしての接し方と反省

公開日: 更新日:

 前回書いた西岡剛とともに、2010年日本シリーズでMVPになった今江敏晃も思い入れが強い選手だ。

 PL学園から2001年ドラフト3巡目で遊撃手として入団。2年目の03年は二軍内野守備走塁コーチとして、内野守備を指導した。打球処理の際の下半身の使い方など課題はあったが、着実に力をつけていった。

 その今江を指導していて気づいたことがある。

 当時の私は、西岡を一喝したように、時に選手に厳しく接した。口うるさいと思われていただろうし、こちらの押し付けになっていた部分もあった。

 ある日、個別で今江に守備指導した。私は「こうするべき」と自分の考えを一通り伝えた。しかし、私の中でどうも引っかかりがあった。今江とのやりとりの中で、本当にこちらの意図を理解しているのか、半信半疑なところがあったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る