【陸上】110m障害・泉谷駿介の恩師が語る 覚醒の瞬間と唯一無二の技術

公開日: 更新日:

「ここって時は常に強いんですよ、彼は。きっと良い走りを見せてくれますよ」

 走り高跳びの元日本記録保持者で順天堂大学陸上競技部の顧問を務める越川一紀氏が太鼓判を押す。3日19時10分から行われる陸上110メートル障害の予選に登場する泉谷は武相高時代、100メートルや走り幅跳び、走り高跳び、投てきなどを行う八種競技でインターハイ優勝の過去を持つ。現在、順大4年で本格的に110メートル障害に取り組んだのは大学に進学してからだ。越川氏はもともと走り幅跳びか三段跳びの選手として鍛える腹積もりだったが、順大における同種目の選手層の厚さから断念。八種競技でも馴染みのある110メートル障害をさせることにしたという。

「そこで、入学してすぐの5月に行われた水戸招待陸上に出してみたら、向かい風が2メートルくらいあったのに14秒05で優勝したんです。当時13秒台を出す選手は今ほど多くなかったから、これを磨き上げようじゃないかと。しかし、僕は今でも走り幅跳び、三段跳びで24年パリ五輪を目指せるのではないかと本気で考えていますよ。2年前に走り幅跳びをさせてみたら、ほとんど練習していないのに8メートル台(日本記録は8メートル40)を簡単に跳んじゃった。何でも器用にこなせる彼は、多くの可能性を秘めているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた