【陸上】3000m障害・三浦龍司&走り高跳び・戸辺直人 揃って49年ぶり決勝進出のW快挙!

公開日: 更新日:

 半世紀ぶりの快挙だ。

 東京五輪陸上競技男子3000メートル障害予選1組の三浦龍司(19)は、8分9秒92の日本記録で決勝に進出した。三浦は序盤から2、3番手につける積極的なレースを見せ、残り1周から得意のスパートをかける。先頭を走る2019年世界陸上銀メダルで優勝候補のラメチャ・ギルマ(エチオピア)を抜きにかかり、僅差で敗れたが、自らの日本記録を6秒以上短縮しての2位(予選全体2位)。この種目で日本選手が決勝に進むのは1972年ミュンヘン大会の小山隆治以来、2人目だ。

「最初の1000メートルが2分40秒と速かったのでどうなるかと思ったが、外国人選手の力を借りながらなんとかいけた。2日(夜)の決勝は、どんな展開になってもついていき、ラスト勝負しにいく」(三浦)

 男子走り高跳び予選は日本記録保持者の戸辺直人(29)が2メートル28をクリアし、1日の決勝に進んだ。この種目も日本選手の決勝進出はミュンヘン大会の冨沢英彦以来だ。

「昨日はワクワクしてあまり寝られなかった。(2メートル21の)失敗で気が楽になった。金メダルを目指して頑張ってきた。決勝は思い切ってやるだけ」(戸辺)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた