【陸上】山県、多田、小池の100m予選敗退は波乱か必然か…アテネ以来の屈辱の結果に

公開日: 更新日:

 89年ぶり日本人ファイナリストの夢は、あっけなくついえた。

 7月31日に行われた陸上男子100メートル予選で、日本勢3人が全員予選落ちとなり、1日の準決勝に進めなかった。

■日本最速トリオ揃って予選敗退なぜ

 9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)は3組で10秒15の4着。準決勝進出の条件となる上位3着、予選通過ラインの10秒12に届かず、「チャンスがあるならもう一度走りたいが、一回で出し切るのも能力」と天を仰いだ。6月の日本選手権を制した多田修平(25)は1組で10秒22の6着。小池祐貴(26)は4組で10秒22の4着に終わった。89年ぶりの決勝進出どころか、一人も準決勝に進めないのは、2004年アテネ五輪以来の屈辱となった。

■9秒台一度で煽るマスコミの罪

「準決勝に進むなら山県と思っていましたが、走りが硬かった。スタートは良かったのに後半の伸びがありませんでした」と陸上ジャーナリストの菅原勲氏がこう言う。

「今は9秒台のベストを持つ日本人選手が4人いますが、サニブラウンを除けば、山県も小池(9秒98)もマークしたのは一度だけ。重圧がかかる大一番でベストに近いタイムを出すのは難しい100メートルで、代表選考会の日本選手権で優勝した多田のタイムは10秒15。山県と小池は10秒27でした。つまり、今回のタイムは順当だったといえます。6月の全米選手権は4位までが9秒8台。世界には何度も9秒台を出している選手がゴロゴロいる。むしろ、たった一度の9秒台を常に出せるものだと錯覚させ、『決勝進出だ』と持ち上げ、煽ったマスコミの罪は重いと思います」

 そもそも骨格も筋肉も関節も違う日本人に100メートルは向いていないというのは定説だった。アスリートの体に詳しいフィジカルトレーナーの平山昌弘氏は以前、「日本人はアフリカ系の選手に比べて、足を引っ張り上げる時に使う腸腰筋が少ないので、100メートルなどの瞬発系競技には向いていない。ただ、大陸系の中国人は、筋トレで鍛えられるアウターマッスルではなく、インナーマッスルや股関節の使い方がうまい。先天的な筋肉の違いはいかんともし難い」と日刊ゲンダイで指摘していた。

400mリレー「金」への走力が不安

 悲願の金メダルを狙う男子400メートルリレーにも不安を残す結果である。

 日本陸連はリオ五輪で銀メダルを獲得した後、「個々の走力向上」を強化方針の柱としてきた。9秒台を持つ4人の自己記録を平均すると9秒97。日本陸連は「9秒97平均でベストのバトンパスができれば、37秒09が出る計算」としている。これは米国が19年の世界選手権を制した世界歴代2位の37秒10を上回るという机上の計算だが、実際は自己ベスト10秒01の多田がメンバーに入ることが濃厚だ。前出の菅原氏が続ける。

「今回はそんなに甘くないと思いますね。デーデー・ブルーノという新星が出てきましたが、今回の100メートルに出場した3人の走力が物足りないこと。候補の桐生とサニブラウンが故障を抱えていること。日本はバトンパスの技術にたけていますが、コロナ禍で代表選考会が6月になったため、短距離代表合宿は7月にずれ込んだ。今回は練習不足の不安があります。全員がベストタイムで走って初めて勝負になるところですが、金メダルとなると、やはり難しいと言わざるを得ません」

 この日の準決勝で、蘇炳添(中国)がアジア新の9秒83をマークし、全体トップで決勝へ進んだ。決勝進出ラインは10秒00。10秒00で2組3着に入った米国のエース、T・ブロメルでさえ決勝に進めなかった。

 2時間後に行われた決勝は、ラモントマルチェル・ヤコブス(26=イタリア)が9秒80で金メダルを獲得した。日本人が8人のファイナリストに残る日は来るのだろうか――。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”