松山英樹は首位に5打差の2位T マスターズ連覇は「グリーン」と「パー5」がカギ

公開日: 更新日:

【マスターズ】第2日

「難しいことはわかっているが、それを目指して頑張る」

 前年覇者の松山英樹(30)は開幕前、力強くこう語っていた。

 3月の「アーノルド・パーマー招待」で発症した首痛は完治はしていないものの、この日は痛みの不安から解放されたのか、力強いスイングでショットが安定。ドライバー飛距離は前日より約20ヤード伸び、フェアウエーキープとパーオン率もアップ。4バーディー、1ボギーの69で回り、通算3アンダー2位タイ。首位のS・シェフラー(25)に5打差なら、大会連覇の可能性も現実味を帯びてくる。85回の歴史で偉業を達成したプロは、J・ニクラス(1965・66年)、N・ファルド(89・90年)、T・ウッズ(2001・02年)の3人しかいない。今年30歳の松山は米ツアー8勝の実績を持ち、8年連続(2位タイ記録)でプレーオフ最終戦「ツアー選手権」に出場。その実力はツアーメンバーの誰もが認めるところ。連覇を達成しても不思議ではない。

 カギを握るのは何か? 97年のウッズ初優勝から12回現地取材したゴルフライターの吉川英三郎氏がいう。

「今年は大会前の雨によりグリーンがかなりソフトになっていたが、2日目も風が吹いて乾いてきた。3日目以降はいつもの硬い高速グリーンに戻るでしょう。速さの違いに対応できなければスコアを伸ばすことができない。首位に立つシェフラーは今季3勝で世界ランク1位。乗りに乗っています。マスターズは『初出場だった2年前はウッズと回り、昨年はミケルソンとプレーしてコースのことはよく学んだ』とコメントしていますが、特殊なグリーンの経験値は11回目の出場となる松山の方が上です」

 吉川氏が続ける。

「もうひとつのポイントはパー5です。昨年の松山の優勝スコアは10アンダー。パー5だけで4日間11アンダー(3イーグル、6バーディー、1ボギー)を稼いだ。週末は予選ほどの風は吹かない予報です。パー5でスコアを伸ばせないとシェフラーをつかまえることはできません」

 3日目が終わった時、5打差は広がっているか、偉業達成の可能性は高まっているか。

∇松山の話
「ジャスティン(・トーマス)が一緒にプレーをしていて、簡単に5アンダーを出していたので、引っ張られるような形でいいプレーができたと思う。悪くない位置で明日、あさってを迎えられる」

金谷は1打差足りず予選落ち

 3年ぶり2度目の出場だった金谷拓実(23)は1打及ばずに予選落ち。

「18番は(2.5メートルの)バーディーが取れたら予選通過のチャンスがあるかなと思った。いいパットをしたので悔いはない。今日も風が強く難しいコンディションだった。スタートからよくなかったけれど、あきらめないでプレーできた。苦しい2日間になったけれど、この経験は生きてくる」

 今年は1月から海外転戦を続けて世界ランクを上げ、PGAツアー参戦に挑んでいる。

■中島啓太にアーメンコーナーの洗礼

 世界アマランク1位資格で初出場の中島啓太(21)が、2日続けて12番パー3の洗礼を浴びた。

 大会初日はイーブンパー19位タイの好位置につけ、松山英樹が初出場してローアマを獲得した2011年大会以来の快挙が期待された。

 ところがこの日は5ボギー、1ダブルボギーの79と大きく崩れて64位タイ。ローアマタイトルどころか、予選も通過できなかった。

「あれだけ短いパー3なのに、何で難しいのだろう。悔しい」(中島)

 大会初日はグリーン奥に外し、パターでのアプローチがグリーンまで届かずにボギー。2日目はグリーン奥の植え込みに打ち込み、アンプレアブルを選択。左足下がりのライからの3打目がグリーンに乗らず、4オン1パットのダブルボギーだった。

「チャンスが少なく、ピンチが多くて苦しいラウンドになった」(中島)

 メジャー独特の異様な雰囲気にのみ込まれ、力を発揮できずに終わった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾