渋野日向子「突然の乱調」防止に効果アリ プロも指導するメンタルトレーナーが“処方箋”

公開日: 更新日:

 終わってみればもったいない1日だった。

 今季海外メジャー初戦のシェブロン選手権最終日。渋野日向子(23)は2日目に続くベストスコアの66をマーク。通算10アンダー4位タイでフィニッシュした。優勝は通算14アンダーのJ・カプチョ。その差は4ストロークだった。

 惜しまれるのは3日目だ。通算9アンダーの単独トップからスタートしたがラフに曲げるティーショットを修正できず、2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーで、前日より11打も多い77と大きく崩れ、通算4アンダー21位まで後退。優勝争いから脱落した。タラレバではあるが、せめて73か74に抑えていれば、ツアー未勝利のカプチョに重圧をかけ、最終日は優勝を争うことができたはずだ。

 渋野は前週のJTBCクラシックの最終日も、通算5アンダー28位から発進し、1バーディー、7ボギー、1ダブルボギーの80。72位に終わった。スコアが崩れ出すと止まらない「持病」があるようだ。

 ボギーやダブルボギー連発は、月イチゴルファーなら珍しいことではないが、米女子ツアーに本格参戦しているトッププロとすれば恥ずかしい限り。何より「大魚」を視界に捉えながら突然の乱調はもったいない。処方箋はないのか? プロゴルファーも指導しているメンタルトレーナーの児玉光雄氏が言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず