エンゼルス大谷の本塁打量産に足りないもの…ア首位ヤ軍ジャッジとの比較でこれだけの差

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間1日のヤンキース戦に「2番・DH」で出場。

 相手の先発左腕モンゴメリー(0勝1敗、防御率3.30)に対し、第1打席はカウント1-2からの真ん中高めの直球を捉えて本塁打性の当たりを放つも、中堅手ジャッジがフェンス際で左手をいっぱいに伸ばしてキャッチ。201センチの長身を生かした好守に阻まれ中飛に倒れた。六回の第3打席で右翼線への二塁打を放ったが、2戦連続の一発は出ず、4打数1安打だった。チームは1-9で大敗し6連敗だ。

「ルースが建てた家」と言われるヤンキースタジアムでは、同3日に登板予定。現在、ア・リーグトップの18本塁打を放っている相手の主砲ジャッジとの勝負が注目される。

 2017年の本塁打王は、今季から採用された飛ばないボールなどどこ吹く風。大谷や昨季本塁打王(48本)のブルージェイズのゲレロ(9本)らの長距離砲が伸び悩むのを尻目に順調に本塁打を量産している。

 そのジャッジと大谷を、打球の軌道などを計測するMLBのスタットキャストの数値で比較すると、その差は一目瞭然。今季の大谷は昨季と比べて本塁打になりやすいとされる「バレルゾーン」(打球速度158キロ以上、打球角度26~30度)が低下。このゾーンに入った割合を示す「バレルゾーン率」は昨季の22.3%から16.3%にダウン。17.6%から26.4%にアップしたジャッジとは対照的だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?