巨人に緊急トレード急浮上…投手枯渇がハッキリ、ターゲットはパ・リーグ4人の実力派

公開日: 更新日:

「投手の台所事情が苦しいことが改めてハッキリしましたね」

 巨人OBがこう言った。

 5月31日、巨人の井納翔一(36)が今季初めて一軍へ昇格したことに関してだ。井納はDeNAからFAで巨人入りした昨季、0勝1敗、防御率14.40と全く振るわず、今季も二軍暮らしが続いていた。

■“構想外”井納の一軍初昇格でハッキリ

 冒頭のOBが言う。

「原監督は井納の獲得時に『150イニングは投げてほしい』と期待を寄せていたが、昨年3月、ジャイアンツ球場での練習中に自身の不注意によって球場入り口の鉄柵に頭部を打ち付け、8針を縫う大ケガ。チームは開幕ローテの再編を余儀なくされたうえに、初登板の試合で2回途中4失点KOと精彩を欠いた。落胆した原監督はその1試合で二軍降格させ、その後は一軍でも敗戦処理扱い。今季は二軍でリリーフとして11試合に登板、3勝0敗、防御率2.67だったものの、原監督の構想から外れたともっぱらでした」

 しかし、今の巨人はそんな投手を一軍へ上げざるを得ないくらい、投手陣に不安を抱えている。

 井納が担う救援陣は、昨季の守護神・ビエイラが二軍で徐々に調子を上げているとはいえ、リリーフに転向した山口俊は5月26日のファームの日本ハム戦で八回から登板した際、1球投げただけで緊急降板。故障の可能性が高いとみられる。

■勝ちパターンがない

「昨季、勝ちパターンのリリーフを担った中川、田中豊は故障で1試合も投げていないし、鍵谷も三軍で投げ始めたばかり。井納昇格は苦肉の策と言うしかない」(前出のOB)

 先発もしかりだ。菅野、戸郷、メルセデスに続く4番手は右肘の手術明けの山崎伊が間隔を空けながらの登板が続いている。

 この日のソフトバンク戦で来日初登板、初先発をしたアンドリースは6回無失点と好投したが、外国人枠の兼ね合いでシューメーカーとの併用になるだろう。5、6番手は流動的な状態だけに、巨人周辺では「この日はリリーフが打ち込まれての敗戦。若手が成長してくれれば言うことないが、現状は厳しい。緊急トレードに動く可能性が高い」との声が聞こえ始めている。

「先発、リリーフ両面で投手の調査を続けていると聞いています」とは、別の巨人OB。

「交換要員は、二軍暮らしが続いているウィーラー(35)、重信慎之介(29)あたりになるのではないか。巨人の助っ人野手は、ポランコ、ウォーカーで固定。2人とも外野手で両翼を守り、中堅には丸がいる。昨季、135試合に出場した松原ですらスタメンを外れている状況です。ウィーラーは今季こそ結果を残していませんが、実績は十分。重信も今季は一軍出場ゼロながら、足の速さはもちろんシュアな打撃も健在。2人とも二軍に置いておくのはもったいない選手です」

狙うは実績あるパ・リーグの面々

 では、巨人が狙っている投手は誰か。

「パで実績があり、チーム事情によって出場機会が少ない投手は、日本ハムの金子千尋(38)、楽天の福山博之(33)、オリックス増井浩俊(37)あたりです」(某球団編成担当)

 金子は2014年に沢村賞を獲得するなど、通算130勝の実績があるが、日本ハムは新庄監督の下、チームの若返りを図っている。

「長距離砲のウィーラーはまだしも、重信は足があってシュアな打撃は健在。潜在能力が高く、新庄監督好みの選手と言えます」(前出の編成担当)

 楽天の福山は中継ぎとして通算373試合登板で102ホールドをマーク。昨季は18年以来となる20試合以上(24試合)に登板し、2敗4ホールド、防御率2.38とまずまずの成績ながら、今季はここまで一軍登板ゼロ。オリックスの増井も通算158ホールド、163セーブを挙げ、セットアッパー、抑えとしての実績は十分だが、こちらも今季の一軍登板はない。放送関係者が言う。

「福山も増井も、今季は二軍での成績もイマイチですが、球のキレは悪くない。環境が変わればやれる力を秘めているとみています。楽天、オリックスはともに打撃強化が課題で、助っ人野手もパッとしない。ウィーラーも重信も、十分に戦力になるでしょう」

 ソフトバンクの動向も注目されている。

「ソフトバンクの外野手は、栗原、上林が故障で離脱。外野手は喉から手が出るほど欲しい。なかでも重信は、早実高、早大出身で王球団会長の高校の後輩に当たりますから、興味を持っているはずです。交換要員の候補になりそうなのは、左腕の大竹耕太郎(26)あたりでしょう。18年に育成から支配下登録されるや3勝。翌19年に5勝を挙げたものの、近年は伸び悩み、今のところ一軍登板がない。投手の戦力は揃っているだけに、よほどの力がなければ出番は限られるでしょう。まだ26歳と若いですし、巨人なら十分にチャンスはあるでしょう」(パ球団関係者)

 巨人は昨季途中、日本ハムで暴力事件を起こした中田を無償トレードで獲得してアッと驚かせた。今季も動くか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走