巨人に「飛ばないボール元年は惨敗」の黒歴史…本塁打が12球団250本以上減少の不吉

公開日: 更新日:

 ボールが飛ばないことが話題だ。

 ロッテ・佐々木朗希の完全試合など、今季はすでに4度の無安打無得点試合が成立している。21本塁打でパ・リーグトップの西武・山川穂高が「以前の打球速度に対する飛距離と比べて飛んでいない」と証言。一方のNPB側は、ミズノ社が2011年から提供する統一球について「規制値内で報告が上がっている。検査方法も変わりない。(昨年との数値の違いは)規定値なので去年と比較していない」とした。それでも、19日までの12球団合計の年間本塁打ペースは1192.6本。昨年の1449本から250本以上も減少していることから、山川発言の信憑性は高そうだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 これまで、そんな「飛ばないボール」に振り回されてきたのが巨人である。統一球が導入された11年のチーム本塁打数は、前年の226本から半数以下の108本に減少した。打率は.266から、.243。得点も711から471と大幅に減った。総得点に占める本塁打による得点の割合は50%から33%に減少。得意のパワープレーで相手をねじ伏せられなくなり、シーズンは3位に沈んだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  2. 2
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  3. 3
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  4. 4
    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

    飯島直子“癒やし系女王”復活なるか…離婚後の「美熟女ビキニ」実現に業界が熱視線

  5. 5
    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

    「渡鬼」子役の宇野なおみ TOEIC910点&通訳としても活躍

  1. 6
    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

    ピン子の口出しに困惑…えなりかずき「渡鬼」共演NGの真相

  2. 7
    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

    松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ

  3. 8
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 9
    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

    岸田首相は物価上昇に伴う消費税増収「試算せず」の仰天! 6.15会見の質問にようやく回答

  5. 10
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?