大谷翔平が来季「打撃三冠王」本気狙い! MLB公式サイト「打者数値すべて向上」と太鼓判

公開日: 更新日:

 去就が注目される大谷翔平(29=エンゼルスからFA)が日本時間1日、エドガー・マルティネス賞(最優秀DH)に選出された。3年連続の受賞はレッドソックス・オルティス以来の快挙。ア・リーグMVPの他、シルバースラッガー賞など、今オフも表彰ラッシュだが、来季は2年連続本塁打王どころか三冠王を狙っているという。

 大リーグ公式サイトは同日、大谷の受賞に合わせて特集記事を掲載。リアル二刀流実質1年目だった2021年からの詳細なデータを基に分析した結果、今季は確実性や打球速度、打球方向、各球種への対応など、打者として全ての数値が向上したという。

 中でも打球速度と打球角度から安打の確率を算出する「xBA」は21年.266、22年.275、23年.294とアップ。今季の.294はレンジャーズ・シーガー(打率.327)、ブルージェイズ・ビシェット(同.306)、レイズ・ディアス(同.330)らの巧打者に次ぐ6位だった。大谷は今季初めて打率を3割(.304)に乗せただけに、記事では来季「首位打者を狙えるだろう」と結論付けている。

 9月に右肘の靱帯を修復する手術を受けた大谷は現在、来季開幕戦での打者復帰を目指してリハビリに励んでいる。来季は打者に専念する上に、トミー・ジョン手術を受けた前回(18年)同様、リハビリでは投打で重要な股関節の機能改善や体幹強化に一から取り組んでいるだけに、来季は打者としてさらなる成績アップが見込める。

 パワーに加えて確実性も高まれば、打撃部門でメジャーを席巻しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ