強打者フリーマンはブレーブスに未練タラタラだった…オフは元女優の妻とアトランタ暮らし

公開日: 更新日:

一塁手・34歳(20年MVP)

 今季、メジャー15年目を迎える左打ちのスラッガーだ。

 短縮シーズン(60試合)だったブレーブス時代の2020年のキャンプ前にコロナウイルスに感染。高熱や嗅覚障害など重症を患って大幅な調整の遅れを強いられたが、開幕に間に合わせて全試合に出場し、打率.341、13本塁打、53打点でナ・リーグMVPに選出された。

 ブ軍からFAになったフリーマンは22年3月、ドジャースと6年総額1億6200万ドル(当時約190億円)で合意したが、契約内容に不満を抱いて代理人のケーシー・クロース氏を解任した。 07年のドラフト2巡目で入団してからブ軍一筋で、本人は残留を希望。当時のアトランタのメディアなどによれば、球団から5年総額1億4000万ドルを提示され、本人が納得したにもかかわらず、クロース氏が上積みを要求したという。業を煮やしたブ軍は方向転換し、アスレチックスからトレードで獲得した同じ一塁手のマット・オルソンと8年総額1億6800万ドルで契約延長した。

 契約年数、年俸総額ともブ軍を上回るド軍に移籍したとはいえ、平均額はド軍が2700万ドルで、ブ軍の2800万ドルを下回った。ブ軍の本拠地であるジョージア州と比べてはるかに高いカリフォルニア州の住民税を支払うと、年俸の目減りが避けられないだけに、代理人に対して不信感を抱いたようだ。節税のため、シーズン中はロスに居を構え、オフには元女優のチェルシー夫人とともにアトランタの自宅で暮らしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ