「ライアーズ・ポーカー」マイケル・ルイス著、東江一紀訳

公開日: 更新日:

<型破りなトレーダーたちの生態>

 映画にもなった「マネー・ボール」の著者が、「債券取引の帝王」と呼ばれる投資銀行ソロモン・ブラザーズ勤務時代の体験をつづった金融ノンフィクション。

 85年、氏はウォール街の中でも一番の収益を挙げていた同社に入社。その入社にいたる経緯から、新入社員研修、そして日々戦場のようなドラマが繰り広げられるトレーディングフロアで見聞きしたことを軽快につづっていく。生え抜きトレーダーのルーウィー・ラニエーリが生み出したモーゲージ債(後のサブプライム問題の元凶)が債券取引の世界をマネーゲームに変えていくさまをはじめ、型破りなトレーダーたちの生態とその仕事ぶりを鮮やかに描く。(早川書房 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る