「ライアーズ・ポーカー」マイケル・ルイス著、東江一紀訳

公開日:  更新日:

<型破りなトレーダーたちの生態>

 映画にもなった「マネー・ボール」の著者が、「債券取引の帝王」と呼ばれる投資銀行ソロモン・ブラザーズ勤務時代の体験をつづった金融ノンフィクション。

 85年、氏はウォール街の中でも一番の収益を挙げていた同社に入社。その入社にいたる経緯から、新入社員研修、そして日々戦場のようなドラマが繰り広げられるトレーディングフロアで見聞きしたことを軽快につづっていく。生え抜きトレーダーのルーウィー・ラニエーリが生み出したモーゲージ債(後のサブプライム問題の元凶)が債券取引の世界をマネーゲームに変えていくさまをはじめ、型破りなトレーダーたちの生態とその仕事ぶりを鮮やかに描く。(早川書房 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る