「ライアーズ・ポーカー」マイケル・ルイス著、東江一紀訳

公開日: 更新日:

<型破りなトレーダーたちの生態>

 映画にもなった「マネー・ボール」の著者が、「債券取引の帝王」と呼ばれる投資銀行ソロモン・ブラザーズ勤務時代の体験をつづった金融ノンフィクション。

 85年、氏はウォール街の中でも一番の収益を挙げていた同社に入社。その入社にいたる経緯から、新入社員研修、そして日々戦場のようなドラマが繰り広げられるトレーディングフロアで見聞きしたことを軽快につづっていく。生え抜きトレーダーのルーウィー・ラニエーリが生み出したモーゲージ債(後のサブプライム問題の元凶)が債券取引の世界をマネーゲームに変えていくさまをはじめ、型破りなトレーダーたちの生態とその仕事ぶりを鮮やかに描く。(早川書房 940円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る