「光の王国 秀衡と西行」梓澤要著

公開日: 更新日:

■奇跡の王国を見た西行の想い

 西行は、天皇の座を奪われた崇徳が母親の待賢門院を慰めるために始めた一品経供養の勧進のために内大臣藤原頼長を訪ねる。応じた頼長は、西行に交換条件として、奥州へ赴き、平泉の動向を探ってくるよう依頼する。頼長は、摂関家の荘園の国司を束ね支配する平泉の藤原基衡の横暴に我慢がならないようだ。約束を果たすため、白河にたどり着いた西行は、そこから始まる整備された奥大道の立派さに目を見張る。聞けば、道は北の果て津軽にまで通じているという。平泉に入った西行は、狩りをしていた基衡の息子・秀衡と出会い、勧められるまま館に逗留することに。
 秀衡と西行を主人公に描く時代長編。
(文藝春秋 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る