• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「光の王国 秀衡と西行」梓澤要著

■奇跡の王国を見た西行の想い

 西行は、天皇の座を奪われた崇徳が母親の待賢門院を慰めるために始めた一品経供養の勧進のために内大臣藤原頼長を訪ねる。応じた頼長は、西行に交換条件として、奥州へ赴き、平泉の動向を探ってくるよう依頼する。頼長は、摂関家の荘園の国司を束ね支配する平泉の藤原基衡の横暴に我慢がならないようだ。約束を果たすため、白河にたどり着いた西行は、そこから始まる整備された奥大道の立派さに目を見張る。聞けば、道は北の果て津軽にまで通じているという。平泉に入った西行は、狩りをしていた基衡の息子・秀衡と出会い、勧められるまま館に逗留することに。
 秀衡と西行を主人公に描く時代長編。
(文藝春秋 1900円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る