「ガンコロリン」海堂尊著

公開日:  更新日:

 極北大学の教授・倉田が、新薬を開発。業務提携するサンザシ薬品の創薬開発部長の木下は、知らせを受けて同大に駆け付ける。口下手で意味不明の言葉を発する倉田に代わり、助教の吉田の説明を聞いた部下の大浜の顔色が変わる。しかし、営業部出身の木下には何のことだかさっぱりわからない。大浜によると倉田の発見は、がんの予防薬にして特効薬にもなるという画期的な薬だった。新薬は「ガンコロリン」と命名され薬事申請される。新薬が世に出れば外科医激減や医療費削減が危惧され、日本医師会は対策を練り始める……。

 意外な結末を迎えるこの表題作をはじめ、全5編を収録したメディカル・エンターテインメント。
(新潮社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る