• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ガンコロリン」海堂尊著

 極北大学の教授・倉田が、新薬を開発。業務提携するサンザシ薬品の創薬開発部長の木下は、知らせを受けて同大に駆け付ける。口下手で意味不明の言葉を発する倉田に代わり、助教の吉田の説明を聞いた部下の大浜の顔色が変わる。しかし、営業部出身の木下には何のことだかさっぱりわからない。大浜によると倉田の発見は、がんの予防薬にして特効薬にもなるという画期的な薬だった。新薬は「ガンコロリン」と命名され薬事申請される。新薬が世に出れば外科医激減や医療費削減が危惧され、日本医師会は対策を練り始める……。

 意外な結末を迎えるこの表題作をはじめ、全5編を収録したメディカル・エンターテインメント。
(新潮社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る