「ジャック・リッチーのあの手この手」ジャック・リッチー著、小鷹信光編訳

公開日:  更新日:

■絶品ミステリー23篇

 殺し屋の「おれ」は、ある組織の依頼で麻薬王のレイゼンウェルを殺害。しかし、なぜか2日が過ぎても彼の死は報道されず、組織からの報酬の支払いは延期されてしまう。画廊主になりすましたおれが、レイゼンウェル邸に電話を入れると、応対した秘書は、主はニューヨークへ出かけていると答える。おまけに秘書によると、レイゼンウェルが絵画コレクションを処分する予定だと、おれに買い取りを持ちかけてくる。不審を抱いたおれは、秘書が主の死が発覚する前に財産を処分して懐に入れようとしているのではないかと疑う。(「儲けは山分け」)

 短編のスペシャリストによる絶品ミステリー23編。
(早川書房 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る