• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジャック・リッチーのあの手この手」ジャック・リッチー著、小鷹信光編訳

■絶品ミステリー23篇

 殺し屋の「おれ」は、ある組織の依頼で麻薬王のレイゼンウェルを殺害。しかし、なぜか2日が過ぎても彼の死は報道されず、組織からの報酬の支払いは延期されてしまう。画廊主になりすましたおれが、レイゼンウェル邸に電話を入れると、応対した秘書は、主はニューヨークへ出かけていると答える。おまけに秘書によると、レイゼンウェルが絵画コレクションを処分する予定だと、おれに買い取りを持ちかけてくる。不審を抱いたおれは、秘書が主の死が発覚する前に財産を処分して懐に入れようとしているのではないかと疑う。(「儲けは山分け」)

 短編のスペシャリストによる絶品ミステリー23編。
(早川書房 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る