「ジャック・リッチーのあの手この手」ジャック・リッチー著、小鷹信光編訳

公開日: 更新日:

■絶品ミステリー23篇

 殺し屋の「おれ」は、ある組織の依頼で麻薬王のレイゼンウェルを殺害。しかし、なぜか2日が過ぎても彼の死は報道されず、組織からの報酬の支払いは延期されてしまう。画廊主になりすましたおれが、レイゼンウェル邸に電話を入れると、応対した秘書は、主はニューヨークへ出かけていると答える。おまけに秘書によると、レイゼンウェルが絵画コレクションを処分する予定だと、おれに買い取りを持ちかけてくる。不審を抱いたおれは、秘書が主の死が発覚する前に財産を処分して懐に入れようとしているのではないかと疑う。(「儲けは山分け」)

 短編のスペシャリストによる絶品ミステリー23編。
(早川書房 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る