• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腸の名医が警告する自己流診断の落とし穴」松生恒夫著

 便秘になってもよほどのことがない限り病院を受診することはまれで、自分で対策をとってやり過ごす人がほとんどだろう。しかし、この自己流が腸に思わぬ負担をかけることがあると本書。

 例えば、食物繊維が豊富な玄米食だ。確かに便秘解消に役立ちそうだが、玄米の食物繊維は水に溶けない不溶性で、便のかさは増えるもののたくさんの水分と一緒に摂取しないと便をカチカチにしてしまう。結果、かえって排便が困難になるという。また、食事内容を完璧にしても便秘になることがある。この原因は運動不足で、腸が便を押し出す蠕動運動を促すには、ウオーキングなどの運動が不可欠なのだ。

 長引く腸の不調があるなら、自己流対処法が間違っているのかも?
(双葉社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る