「腸の名医が警告する自己流診断の落とし穴」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 便秘になってもよほどのことがない限り病院を受診することはまれで、自分で対策をとってやり過ごす人がほとんどだろう。しかし、この自己流が腸に思わぬ負担をかけることがあると本書。

 例えば、食物繊維が豊富な玄米食だ。確かに便秘解消に役立ちそうだが、玄米の食物繊維は水に溶けない不溶性で、便のかさは増えるもののたくさんの水分と一緒に摂取しないと便をカチカチにしてしまう。結果、かえって排便が困難になるという。また、食事内容を完璧にしても便秘になることがある。この原因は運動不足で、腸が便を押し出す蠕動運動を促すには、ウオーキングなどの運動が不可欠なのだ。

 長引く腸の不調があるなら、自己流対処法が間違っているのかも?
(双葉社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る