「腸の名医が警告する自己流診断の落とし穴」松生恒夫著

公開日:  更新日:

 便秘になってもよほどのことがない限り病院を受診することはまれで、自分で対策をとってやり過ごす人がほとんどだろう。しかし、この自己流が腸に思わぬ負担をかけることがあると本書。

 例えば、食物繊維が豊富な玄米食だ。確かに便秘解消に役立ちそうだが、玄米の食物繊維は水に溶けない不溶性で、便のかさは増えるもののたくさんの水分と一緒に摂取しないと便をカチカチにしてしまう。結果、かえって排便が困難になるという。また、食事内容を完璧にしても便秘になることがある。この原因は運動不足で、腸が便を押し出す蠕動運動を促すには、ウオーキングなどの運動が不可欠なのだ。

 長引く腸の不調があるなら、自己流対処法が間違っているのかも?
(双葉社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る