『「怒らない体」のつくり方』小林弘幸著

公開日:  更新日:

 昔から“短気は損気”といわれているが、近年では怒ることが体に悪影響となることが科学的に証明されてきた。

 私たちがカッとなったとき、体の中では自律神経の交感神経が興奮状態になる。すると、アドレナリンが分泌されて血小板が活性化し、ドロドロ血液になる。また、交感神経の働きばかり優位になると、腸の働きが停滞して悪玉菌が増えてくるという。腸の健康は体全体の免疫力にも関わるため、怒ることは百害あって一利なしだ。

 本書では、交感神経を静めるためのさまざまな習慣を紹介。おかしくなくても口角を上げて作り笑いをする、書類などにサインするときはゆっくりと字を書く、10分区切りで身の回りの掃除をするなどで、カッとしにくくなるはずだ。
(祥伝社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る