『「怒らない体」のつくり方』小林弘幸著

公開日: 更新日:

 昔から“短気は損気”といわれているが、近年では怒ることが体に悪影響となることが科学的に証明されてきた。

 私たちがカッとなったとき、体の中では自律神経の交感神経が興奮状態になる。すると、アドレナリンが分泌されて血小板が活性化し、ドロドロ血液になる。また、交感神経の働きばかり優位になると、腸の働きが停滞して悪玉菌が増えてくるという。腸の健康は体全体の免疫力にも関わるため、怒ることは百害あって一利なしだ。

 本書では、交感神経を静めるためのさまざまな習慣を紹介。おかしくなくても口角を上げて作り笑いをする、書類などにサインするときはゆっくりと字を書く、10分区切りで身の回りの掃除をするなどで、カッとしにくくなるはずだ。
(祥伝社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  10. 10

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

もっと見る

人気キーワード