• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」江部康二著

 2005年の発行から19刷を記録するロングセラーの改訂版。糖質制限食の基礎から、最新の情報までが網羅されている。

 糖尿病の食事療法といえばカロリー制限が基本だが、味気なく満腹感も得られないことから続けるのが困難だった。しかし糖質制限食の場合、砂糖をはじめ糖質となる炭水化物さえ我慢すれば、肉も卵も脂質もほとんど制限はない。蒸留酒なら飲酒もOKで、血糖値が安定し、ダイエットにも絶大な効果がある点も注目されている。

 2013年、米国糖尿病学会は糖質制限食を公式の治療食のひとつとして認定した。巻末には、著者の病院で提供されている糖質制限食の1週間の献立も紹介。改めて糖質制限食の仕組みを知りたい人におすすめだ。
(東洋経済新報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る