• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」江部康二著

 2005年の発行から19刷を記録するロングセラーの改訂版。糖質制限食の基礎から、最新の情報までが網羅されている。

 糖尿病の食事療法といえばカロリー制限が基本だが、味気なく満腹感も得られないことから続けるのが困難だった。しかし糖質制限食の場合、砂糖をはじめ糖質となる炭水化物さえ我慢すれば、肉も卵も脂質もほとんど制限はない。蒸留酒なら飲酒もOKで、血糖値が安定し、ダイエットにも絶大な効果がある点も注目されている。

 2013年、米国糖尿病学会は糖質制限食を公式の治療食のひとつとして認定した。巻末には、著者の病院で提供されている糖質制限食の1週間の献立も紹介。改めて糖質制限食の仕組みを知りたい人におすすめだ。
(東洋経済新報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る