「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」江部康二著

公開日:  更新日:

 2005年の発行から19刷を記録するロングセラーの改訂版。糖質制限食の基礎から、最新の情報までが網羅されている。

 糖尿病の食事療法といえばカロリー制限が基本だが、味気なく満腹感も得られないことから続けるのが困難だった。しかし糖質制限食の場合、砂糖をはじめ糖質となる炭水化物さえ我慢すれば、肉も卵も脂質もほとんど制限はない。蒸留酒なら飲酒もOKで、血糖値が安定し、ダイエットにも絶大な効果がある点も注目されている。

 2013年、米国糖尿病学会は糖質制限食を公式の治療食のひとつとして認定した。巻末には、著者の病院で提供されている糖質制限食の1週間の献立も紹介。改めて糖質制限食の仕組みを知りたい人におすすめだ。
(東洋経済新報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る