「股旅探偵 上州呪い村」幡大介著

公開日: 更新日:

■本格ミステリー+股旅小説

 渡世人の三次郎は、通りかかった上州倉賀野宿で殺人事件の詮議に遭遇する。御用米を江戸に回漕する「御蔵開け」で宿場がごった返す中、宿場の肝いりの清左衛門の刺殺体が掘割から流れてきたという。

 発見したのは御用米の回漕を監視するため江戸からきていた幕府の役人・大里だった。大里は、掘割の上流にある流れ宿に滞在する病人の付き添い、長吉を下手人として引っ立てる。詮議に口をはさんだ三次郎の謎解きで容疑が晴れた長吉は、主の善七郎を村に連れ戻すため、助けを呼びに行く。しかし、善七郎はすぐに息絶えてしまう。善七郎の言葉が気になった三次郎は、彼の生国、火嘗村に向かう。

 江戸を舞台にした本格ミステリー+股旅小説。
(講談社 770円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る