「スキマの植物図鑑」塚谷裕一著

公開日: 更新日:

■植物には「スキマ」は心地がよい

 意外なことに、アスファルトの割れ目や、石垣、ブロック塀や電柱の根元などの「スキマ」は、植物にとって居心地の良い、幸福な場所のひとつだという。それは光合成に必要な光を独り占めすることができ、アスファルトなどで閉じ込められているため水分が不足することもないからだ。一方で排ガスや踏まれるなどのストレスがかかるが、植物の多くはそうしたストレスへの適応力が高いという。

 本書は身近なタンポポから、放置されたトラックの荷台に生えるアメリカフウロ、民家の雨どいに生えたクロマツなど、ユニークな写真を紹介しながらそんなスキマに生きる代表的な植物110種を紹介。散歩のお供にぴったり。
(中央公論新社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る