みうらじゅん氏にエロの醍醐味を聞く

公開日: 更新日:

「ぼくらはエロの“戦後焼け跡”派。人生の3分の2はいやらしいことを考えてます」

 あの「週刊文春」で、まさかの「エロ」をテーマにエッセー執筆を続けてはや2年。単行本も連載タイトルそのまま、「人生エロエロ」(文藝春秋 1250円)。人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた著者のみうらじゅん氏に、改めてエロの醍醐味を聞いた。

「今まで文春のエロ企画は『淑女の雑誌から』だけでしたからね。編集長から『エロをまぶしたい』と言われて、それはもう望むところだと。ただどこまで書くか、ですよね。文春ともなると銀行や歯科にも置いてあるし、親や近所の人も読んでるから。ギリギリ近所を歩けないくらいかなと。呆れていただければ、こちらもかなり楽になります」

 冒頭は常に「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」から書き出す。この正直さが読者の共感を呼んでいる。

「友達に聞いたら半分が相場だったけど、もっと考えてます。高校生男子は15秒に1回ですよ。今はエロの情報が氾濫しているから、草食派というか飽食派ですよね。でも僕らの頃は情報がないから必死だった。いわばエロの“戦後焼け跡”派。飽きているのと飢えているのでは違いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る