みうらじゅん氏にエロの醍醐味を聞く

公開日: 更新日:

「ぼくらはエロの“戦後焼け跡”派。人生の3分の2はいやらしいことを考えてます」

 あの「週刊文春」で、まさかの「エロ」をテーマにエッセー執筆を続けてはや2年。単行本も連載タイトルそのまま、「人生エロエロ」(文藝春秋 1250円)。人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた著者のみうらじゅん氏に、改めてエロの醍醐味を聞いた。

「今まで文春のエロ企画は『淑女の雑誌から』だけでしたからね。編集長から『エロをまぶしたい』と言われて、それはもう望むところだと。ただどこまで書くか、ですよね。文春ともなると銀行や歯科にも置いてあるし、親や近所の人も読んでるから。ギリギリ近所を歩けないくらいかなと。呆れていただければ、こちらもかなり楽になります」

 冒頭は常に「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」から書き出す。この正直さが読者の共感を呼んでいる。

「友達に聞いたら半分が相場だったけど、もっと考えてます。高校生男子は15秒に1回ですよ。今はエロの情報が氾濫しているから、草食派というか飽食派ですよね。でも僕らの頃は情報がないから必死だった。いわばエロの“戦後焼け跡”派。飽きているのと飢えているのでは違いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る