「近くて遠いこの身体」平尾剛著

公開日: 更新日:

 ラグビー元日本代表で、現在は大学で「言葉と感覚」について研究する著者による身体論。現役時代、氏は最新のスポーツ科学に基づいて身体をマネジメントしてきたが、度重なるケガや「脳震盪の後遺症」に悩まされる。スポーツ科学は、適切なトレーニング法や、栄養や休養の取り方などを数値やデータに基づき、説明してくれる。ゆえに我々は身体についてよくわかったと錯覚してしまう。しかし、氏は古武術などと出合い、身体とは「内側から生まれるさまざまな感覚が複雑に絡み合いながら形成されるひとつの現象」だと思い至ったという。自らの体験を通じて、身体の内側から生まれる感覚に耳を傾ける大切さを説く。

(ミシマ社 1700円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る