「一人っ子同盟」重松清著

公開日: 更新日:

 小学校1年のとき、信夫のクラスに公子が転校してきた。

 黒板に書かれた名前をハム子と読んだ信夫は彼女の跳び蹴りをくらう。以来、同じ団地に住むハム子は信夫にとって最強女子だった。6年生になり、クラスで一人っ子は信夫とハム子だけだったが、間もなくハム子に父親と弟ができた。だが、ハム子は、2人を認めず、弟を邪険にする。

 一方の信夫も、実は一人っ子ではなく、6歳のときに交通事故で亡くなった兄がいた。修学旅行が迫り、信夫は少ない小遣いの中から兄にお土産を買うべきか悩む。一方でハム子が弟にお土産を買うのかも気になる。

 昭和40年代の団地に暮らす子供たちの成長を描いた長編小説。

(新潮社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

  9. 9

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る