日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一人っ子同盟」重松清著

 小学校1年のとき、信夫のクラスに公子が転校してきた。

 黒板に書かれた名前をハム子と読んだ信夫は彼女の跳び蹴りをくらう。以来、同じ団地に住むハム子は信夫にとって最強女子だった。6年生になり、クラスで一人っ子は信夫とハム子だけだったが、間もなくハム子に父親と弟ができた。だが、ハム子は、2人を認めず、弟を邪険にする。

 一方の信夫も、実は一人っ子ではなく、6歳のときに交通事故で亡くなった兄がいた。修学旅行が迫り、信夫は少ない小遣いの中から兄にお土産を買うべきか悩む。一方でハム子が弟にお土産を買うのかも気になる。

 昭和40年代の団地に暮らす子供たちの成長を描いた長編小説。

(新潮社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事