「南太平洋の剛腕投手」近藤節夫著

公開日:  更新日:

 戦後の一時期、プロ野球界で技巧派投手として活躍した日系ミクロネシア人の波乱の生涯をたどる人物ノンフィクション。

 その人ススム・アイザワは、トラック諸島で実業家として活躍していた日本人を父に、水曜島の大酋長の娘を母にして1930年に誕生。戦中、単身来日して、日本で旧制中学を卒業すると倉庫会社で働くかたわら、クラブチームで野球に打ち込み、毎日オリオンズへの入団を果たす。7年間で93試合に登板したススムだが、移籍先の球団解散で解雇となり、16年ぶりに戻った故郷で祖父から酋長の座を継承。

 実業家としても大成したそのエネルギッシュで不屈の人生の軌跡を描く。

(現代書館 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る