「南太平洋の剛腕投手」近藤節夫著

公開日: 更新日:

 戦後の一時期、プロ野球界で技巧派投手として活躍した日系ミクロネシア人の波乱の生涯をたどる人物ノンフィクション。

 その人ススム・アイザワは、トラック諸島で実業家として活躍していた日本人を父に、水曜島の大酋長の娘を母にして1930年に誕生。戦中、単身来日して、日本で旧制中学を卒業すると倉庫会社で働くかたわら、クラブチームで野球に打ち込み、毎日オリオンズへの入団を果たす。7年間で93試合に登板したススムだが、移籍先の球団解散で解雇となり、16年ぶりに戻った故郷で祖父から酋長の座を継承。

 実業家としても大成したそのエネルギッシュで不屈の人生の軌跡を描く。

(現代書館 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る