「平蔵狩り」逢坂剛著

公開日: 更新日:

 火盗改の平蔵は、鉄砲洲の沖合にある人足寄せ場に出入りする差配人の丹治を手下に見張らせる。

 寄せ場は、無宿者や刑期を終えた者らを収容し、正業に就けるのを目的にしており、出入りする人間や荷物は厳重に取り調べられる。丹治は、筒持組の与力・文五郎から預かった何かを密かに寄せ場へ持ち込む運び屋を務めているようだった。

 平蔵は、丹治が何を寄せ場に持ち込んでいるのかを突き止めたい。そんな中、寄せ場で女の面会人の出入り改めを担当するしづも、丹治の動向を調べていることが分かる。(「寄場の女」)

 全6編を収録。池波正太郎へのオマージュを込めて書き継がれたハードボイルド時代小説。

(文藝春秋 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る