「平蔵狩り」逢坂剛著

公開日:  更新日:

 火盗改の平蔵は、鉄砲洲の沖合にある人足寄せ場に出入りする差配人の丹治を手下に見張らせる。

 寄せ場は、無宿者や刑期を終えた者らを収容し、正業に就けるのを目的にしており、出入りする人間や荷物は厳重に取り調べられる。丹治は、筒持組の与力・文五郎から預かった何かを密かに寄せ場へ持ち込む運び屋を務めているようだった。

 平蔵は、丹治が何を寄せ場に持ち込んでいるのかを突き止めたい。そんな中、寄せ場で女の面会人の出入り改めを担当するしづも、丹治の動向を調べていることが分かる。(「寄場の女」)

 全6編を収録。池波正太郎へのオマージュを込めて書き継がれたハードボイルド時代小説。

(文藝春秋 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る