• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『知』の読書術」佐藤優著

 教養とは「私たちが生きているこの時代のあり方を俯瞰して見る『視座』『枠組み』を提示してくれるような『知』のこと」だと著者はいう。そんな真の教養を身につけるための読書術を講義。

 まずは、近現代史の格好の入門書というエリック・ホブズボームの著作「20世紀の歴史-極端な時代」をテキストに「現代はどのような時代なのか」を考察していく。その上で第1次世界大戦をもたらした「火種」と、ウクライナ危機の関係性を解説。その他、エルンスト・トレルチ著「ルネサンスと宗教改革」など古典名著をひもとき、現代世界が抱える危機の構造を読み解く。次代を担う若者向けに究極の読書術を伝授。

(集英社インターナショナル 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る