「回春セルフ整体術」大庭史榔著

公開日:  更新日:

「回春」と聞くと何やら卑猥な想像をしてしまうが、これは体が若返ることを意味する言葉。本書では、25年以上にわたって患者たちを性欲みなぎる若かりし頃の体に導いてきた整体師の著者が、自宅で手軽にできる回春整体術を伝授している。

 年を取ってくると骨盤が下がって恥骨が前に突き出して上がり、へその下の力が抜けた姿勢になる。試しにこの姿勢を取ってみると、背中が丸まり小股歩行でしか歩けず、いかにも老人風になるはずだ。この姿勢が長く続くと、勃起力が低下して生殖能力も衰えてくる。これを回避するには、「恥骨低下体操」がお勧め。あおむけに寝て膝を曲げ、足裏を床から離しながら深呼吸する。これで恥骨が調整され、ペニスに元気がよみがえるはずだ。

(講談社 840円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る