「なぜ皮膚はかゆくなるのか」菊池新著

公開日:  更新日:

“痛み”とは違い“かゆみ”という症状は軽視されがちだ。しかし、最近になってようやく研究が進み、かゆみの仕組みが解き明かされてきた。本書では、かゆみというやっかいな感覚にまつわるさまざまなメカニズムを紹介している。

 モルヒネを使うと体がかゆくなることがあるが、これは副作用ではないという。痛みとかゆみが同時に発生しているとき、大脳に至る神経の中継地点では、緊急対応が必要な痛みだけを伝え、かゆみの信号を抑制する。ところが、モルヒネによって痛みの神経が鈍くなると、かゆみだけが大脳に伝わり、結果として体のあちこちがかゆくなったように感じるのだという。過去の記憶とかゆみ、ストレスとかゆみなどの不思議な関係も明らかにしていく。

(PHP研究所 760円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る