「こころの病気を治すために『本当』に大切なこと」青木崇著

公開日:  更新日:

 日本でも精神科への“受診”のハードルは低くなってきた。一方、“入院”は「閉鎖病棟」などのイメージがあり、ためらう人も多いはずだ。

 最近では、ホテルのような個室で自由に過ごせるストレスケア病棟なども登場しているが、精神科医である著者は「退院後に戻る社会でのストレスを考えれば、精神科の入院はむしろある程度の決まりの中で過ごすリハビリの場であるべき」と提案。本書では、あまり知られていない精神科入院の形態から、投薬、作業療法、電気けいれん療法などの治療モデルを紹介している。

 また、最近注目されている人と人との関わりの中で自身の問題と向き合う「コミュニティー療法」についても解説。精神科入院のさまざまなメリットが記されている。

(メディカルパブリッシャー 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る