草食男子は正しい“自分がスルーされない戦略”

公開日:  更新日:

■「99.996%はスルー」竹内薫/丸山篤史著

 情報が洪水のように氾濫している。よく言われる話だが、本書によると、その増加ペースが半端でない。99年から2000年にかけての1年間の情報量は、有史以来99年までの情報量に等しいという。それどころか、その後も10年に600倍のペースで情報が増え続けているというのだ。

 それだけ情報量が膨大になると、とても消化できないから、人は無意識に情報をスルーし、無意識が処理した情報の大部分をこれまた意識的にスルーしている。この事実は我々に深刻な事態をもたらす。情報発信しようと思っても、スルーされてしまう確率が高まるからだ。この本にはスルーされないためのヒントが、たくさん盛り込まれている。

 人はなぜスルーされたくないのか。それは、「他人に認められたい」という承認欲求があるからだと著者は言う。しかし、人は同時に、他人をコントロールしたいというコントロール欲求を持っている。恋愛で言うと、承認欲求はマゾヒズム(被支配欲求)であり、コントロール欲求はサディズム(支配欲求)だ。著者は、スルーが常態化するなかで承認欲求を満たそうとしたら、強烈なコントロール欲求を出さない工夫が必要だと言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る