草食男子は正しい“自分がスルーされない戦略”

公開日: 更新日:

■「99.996%はスルー」竹内薫/丸山篤史著

 情報が洪水のように氾濫している。よく言われる話だが、本書によると、その増加ペースが半端でない。99年から2000年にかけての1年間の情報量は、有史以来99年までの情報量に等しいという。それどころか、その後も10年に600倍のペースで情報が増え続けているというのだ。

 それだけ情報量が膨大になると、とても消化できないから、人は無意識に情報をスルーし、無意識が処理した情報の大部分をこれまた意識的にスルーしている。この事実は我々に深刻な事態をもたらす。情報発信しようと思っても、スルーされてしまう確率が高まるからだ。この本にはスルーされないためのヒントが、たくさん盛り込まれている。

 人はなぜスルーされたくないのか。それは、「他人に認められたい」という承認欲求があるからだと著者は言う。しかし、人は同時に、他人をコントロールしたいというコントロール欲求を持っている。恋愛で言うと、承認欲求はマゾヒズム(被支配欲求)であり、コントロール欲求はサディズム(支配欲求)だ。著者は、スルーが常態化するなかで承認欲求を満たそうとしたら、強烈なコントロール欲求を出さない工夫が必要だと言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る