「主夫になってはじめてわかった主婦のこと」中村シュフ氏

公開日: 更新日:

 お笑い芸人が、フルタイムで働く妻と結婚。主夫になって足かけ5年の発見を記したのが本書だ。

「ぼくには、迷ったら面白いほうに進むという行動原理があるみたいです。付き合っていた彼女から『家庭に入ってもらえませんか』とプロポーズされた時もそうでした。もっと前の進路でも、ちょうど家庭科が男女共修になった時期で、男子が家庭科を学ぶ大切さを感じた上に、母校の男子校に教育実習で戻ってきたら面白いと思い、家政学部に進学しました」

 ところが卒業後、教員ではなくお笑い芸人の道を選んだ。「人前で話すという意味では、教員と芸人って似てますから」と笑う。いつも見に来てくれたファンが、結婚相手だ。

「専業主夫になるのは、僕たち2人にマッチした、いい選択でした。シュフになって肩の力が抜けたのか、かえって芸人の仕事も来るようになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る

人気キーワード