「境界の民」安田峰俊氏

公開日: 更新日:

 ファッションも話し方も、日本の普通のかわいい女子学生に見えるハウさん。彼女の父は1980年にベトナムから難民船で日本に来た。美香さんは父が日本人、母が中国人で日本国籍。日本の公立校と中華学校に学んだバイリンガル。日本人留学生として上海の大学に留学した。

「完全に日本人でもないし、完全にベトナム人や中国人でもない。国と国の境界線に立つ人たちという意味で『境界の民』という題にしました」

 そのほか、中国の少数民族ウイグル人や、中国・台湾・日本の近現代史に翻弄された老人、2014年の台湾でのひまわり革命の若者も登場する。

「少数民族や軍閥に興味があって、中国の福建省や広東省が好きでした。15年前、社会主義中国から週末に香港に買い出しにいくと、境界線を越えた瞬間に空気が軽くなった、それが原体験です。『国家未満』の政治体で生きた人、無国籍者、難民など、国民国家の枠から、はじき出された人たちを描きたかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る