「親子共依存」尾木直樹氏

公開日:  更新日:

 大人になった娘や息子と一緒に買い物や旅行に行く仲良し親子が増えている。だが、これはほほ笑ましい光景では決してない。〈親子共依存〉というビョーキなのだ。この現象に警告を発する衝撃の書だ。

「今、大学生が急激に幼児化しているんですよ。入学式だけでなく、履修届の説明会にも親が出席するし」と、著者。

 就活でも、LINEで母親に面接の服装チェックや会場への行き方まで指示してもらう学生がいるというから何をか言わんや、である。

「昔なら中学生のころに反抗期があって親から自立するのに、今はがんこ親父がいなくなって反抗期がないまま大人になる人が多いのね」

 それどころか、とんでもない親子が増えている。

「女性タレントがテレビで、今でもパパと一緒にお風呂に入ると言うのを聞いて、びっくりしました。所属事務所の人がこの発言を削除すると思ったら、そのままオンエアされたんですよ。こういうことがおかしいと思っていないのね。性的な自立、社会的な自立がまったくできていない。6歳以上の異性の子どもと一緒にお風呂に入るなんて、アメリカでは犯罪行為ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る