「人魚ノ肉」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 大政奉還の翌月、倒幕開国に奔走する坂本竜馬は同志の中岡慎太郎と隠れ家の京都近江屋で江戸に都を移す算段をしていた。腹が減って仕方がない竜馬は、少年時代に故郷の桂浜で打ち上げられた人魚の肉を食べたことを思い出す。食べれば不老不死といわれる人魚の肉だが、一緒に食べた岡田以蔵は今はもういない。以蔵と竜馬は、その後、三日三晩荒れ狂い家に閉じ込められたが、竜馬が覚えているのは以蔵の目に宿った狂気だけだった。慎太郎は、竜馬から以蔵が保管していた人魚の肉と血がいまだに腐らずどこかに存在しているはずだと聞く。(「竜馬ノ夢」)

 幕末の京都を舞台に、歴史上の人物たちが「人魚ノ肉」にとりつかれるさまを描いた妖奇譚集。

(文藝春秋 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  11. 10

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

もっと見る