「妻恋坂情死行」鳥羽亮氏

公開日: 更新日:

 剣豪小説の大家による最新作は、新境地となる恋愛小説。江戸を舞台に描かれる、悲恋の底に沈む若き侍の物語だ。

「長い間剣豪小説を書いてきましたが、何か新しい作品に挑戦してみたいと思っていた頃、歌舞伎を見に行く機会がありました。私にとって人生初の歌舞伎鑑賞で、非常に感激しましてね。こういう世界観を小説の中に表現してみたい。よし、次の作品は情死モノだと(笑い)」

 時は幕末。尚武熱が高まる江戸には、多くの剣術道場が門戸を構えていた。中でも、四大道場のひとつとうたわれる伊庭道場に通う旗本小暮家の次男・京四郎は、道場からの帰り道で、野犬に襲われていた隣家の娘ふさを助ける。子どもの頃から何度か見かけたことはあったものの、清楚な大人の女性に成長していたふさを面前に、強く心を引かれる京四郎。そして、ふさもまた……。

「ふたりが逢瀬を重ねる妻恋坂は、桜が満開です。この物語では、ふたりの恋の行方を春夏秋冬の四季になぞらえて表現しました。そして、場面が変わるごとに、冒頭に詩を挿入しています。その詩を読むことで、次に起こる出来事や風景を予測できるような。実は、私は若い頃に詩を書いていたことがあるんです。今回は、当時考えたフレーズを思い出しながら、新しい詩を書き上げました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る