「間違いだらけの病院選び」小林修三著

公開日:  更新日:

 いい病院選びの目安とされる病院ランキング本。しかし、病院の実力を測る指標としては、あまり役に立たないと本書。

 例えば、「手術件数で選ぶ」という冠が付いた本は多く、胃がんや大腸がんなら年間70~80件、前立腺がんなら年間50件以上執刀していれば医療技術が維持できる目安とされる。しかし、何人もの医師がいる大病院は、全体での件数が多くても1人の医師の執刀件数は少ないケースもある。

 また、件数は多くても結果が伴わなければ意味がない。先日、腹腔鏡手術による死亡事故が相次いだ群馬大学病院では、県内で肝臓がん手術が多い病院のトップにランキングされていたのだ。

 救急を断らない、倫理委員会があるなど、いい病院選びのヒントも紹介していく。(PHP研究所 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る