「間違いだらけの病院選び」小林修三著

公開日: 更新日:

 いい病院選びの目安とされる病院ランキング本。しかし、病院の実力を測る指標としては、あまり役に立たないと本書。

 例えば、「手術件数で選ぶ」という冠が付いた本は多く、胃がん大腸がんなら年間70~80件、前立腺がんなら年間50件以上執刀していれば医療技術が維持できる目安とされる。しかし、何人もの医師がいる大病院は、全体での件数が多くても1人の医師の執刀件数は少ないケースもある。

 また、件数は多くても結果が伴わなければ意味がない。先日、腹腔鏡手術による死亡事故が相次いだ群馬大学病院では、県内で肝臓がん手術が多い病院のトップにランキングされていたのだ。

 救急を断らない、倫理委員会があるなど、いい病院選びのヒントも紹介していく。(PHP研究所 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る