「間違いだらけの病院選び」小林修三著

公開日: 更新日:

 いい病院選びの目安とされる病院ランキング本。しかし、病院の実力を測る指標としては、あまり役に立たないと本書。

 例えば、「手術件数で選ぶ」という冠が付いた本は多く、胃がんや大腸がんなら年間70~80件、前立腺がんなら年間50件以上執刀していれば医療技術が維持できる目安とされる。しかし、何人もの医師がいる大病院は、全体での件数が多くても1人の医師の執刀件数は少ないケースもある。

 また、件数は多くても結果が伴わなければ意味がない。先日、腹腔鏡手術による死亡事故が相次いだ群馬大学病院では、県内で肝臓がん手術が多い病院のトップにランキングされていたのだ。

 救急を断らない、倫理委員会があるなど、いい病院選びのヒントも紹介していく。(PHP研究所 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  4. 4

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  5. 5

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  6. 6

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  7. 7

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  8. 8

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

  9. 9

    コンビでカビ臭い部屋に住む宮下草薙 私生活は「真逆」

  10. 10

    「輸出規制」で本当に困るのは韓国ではなく日本だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る