「40歳過ぎたら、『1日2食』にしなさい」藤城博著

公開日:  更新日:

 健康のためには1日3食しっかりと食べることが大切といわれるが、消費エネルギーの少ない現代人には当てはまらないと本書。少なくとも40歳を過ぎたら、1日2食で十分だという。

 40歳というのは、人生の中で体が大きく変化するとき。基礎代謝量が急激に低下する他、体内の有害な活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素も少なくなっていく。その結果、肥満が進み、生活習慣病やがんの罹患(りかん)率も高まっていくのだ。

 これに対抗するために有効なのが、1日2食の食習慣。カロリー摂取を抑えられるだけでなく、食事と食事の間、つまり“食べない時間”が長くなることで、老廃物の排出が促され、老化を遅らせる長寿遺伝子が活性化するなど、いいことずくめだという。

(三笠書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る