「40歳過ぎたら、『1日2食』にしなさい」藤城博著

公開日:  更新日:

 健康のためには1日3食しっかりと食べることが大切といわれるが、消費エネルギーの少ない現代人には当てはまらないと本書。少なくとも40歳を過ぎたら、1日2食で十分だという。

 40歳というのは、人生の中で体が大きく変化するとき。基礎代謝量が急激に低下する他、体内の有害な活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素も少なくなっていく。その結果、肥満が進み、生活習慣病やがんの罹患(りかん)率も高まっていくのだ。

 これに対抗するために有効なのが、1日2食の食習慣。カロリー摂取を抑えられるだけでなく、食事と食事の間、つまり“食べない時間”が長くなることで、老廃物の排出が促され、老化を遅らせる長寿遺伝子が活性化するなど、いいことずくめだという。

(三笠書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る