「40歳過ぎたら、『1日2食』にしなさい」藤城博著

公開日: 更新日:

 健康のためには1日3食しっかりと食べることが大切といわれるが、消費エネルギーの少ない現代人には当てはまらないと本書。少なくとも40歳を過ぎたら、1日2食で十分だという。

 40歳というのは、人生の中で体が大きく変化するとき。基礎代謝量が急激に低下する他、体内の有害な活性酸素を除去してくれる抗酸化酵素も少なくなっていく。その結果、肥満が進み、生活習慣病やがんの罹患(りかん)率も高まっていくのだ。

 これに対抗するために有効なのが、1日2食の食習慣。カロリー摂取を抑えられるだけでなく、食事と食事の間、つまり“食べない時間”が長くなることで、老廃物の排出が促され、老化を遅らせる長寿遺伝子が活性化するなど、いいことずくめだという。

(三笠書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード