「だいじょうぶ!依存症」高部知子著

公開日: 更新日:

 依存症について分かりやすく解説する本書。著者は大ヒットドラマ「積木くずし」などで活躍し、現在では精神保健福祉士として活動する高部知子氏だ。

 依存症には、アルコールや薬物をはじめ、ギャンブル、買い物、セックス、ゲームなどさまざまあるが、いずれの原因も“意志の弱さ”ではないことを理解することが重要。快楽をもたらすホルモンであるドーパミンの過剰放出が続き、脳の構造が変化して起こる体の反応が依存症であるため、感情や行動をコントロールする認知行動療法などの正しい治療を受ける必要がある。

 試しに、何もせずに15分間瞑想(めいそう)してみて、苦痛を感じたり落ちつかなくなるという人は、ドーパミンが過剰状態になっている可能性もあるという。要注意だ。

(現代書館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る