「大人のADHD」岩波明著

公開日: 更新日:

 子供の病気と考えられてきたADHD(注意欠如多動性障害)だが、近年そのメカニズムなどの研究が進み、成人してからADHDと診断される人が増えてきた。

 かつては脳の器質的な障害であると考えられていたが、現在では脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンとドーパミンの機能障害であるという説が有力。治療にも、神経伝達物質の濃度を高める薬物が用いられている。

 とはいえ、まだ不明な点も多く、正式な臨床検査がないため、診断には症状と経過の詳細な情報が必要とされている。とくに役立つのが小学校時代の通知表。ADHDの患者には、担任によるコメントに「文字が乱雑」「計算ミスが目立つ」「じっくり考える習慣をつけて」などの記載が共通する傾向にあるそうだ。(筑摩書房 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る