「大人のADHD」岩波明著

公開日:  更新日:

 子供の病気と考えられてきたADHD(注意欠如多動性障害)だが、近年そのメカニズムなどの研究が進み、成人してからADHDと診断される人が増えてきた。

 かつては脳の器質的な障害であると考えられていたが、現在では脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンとドーパミンの機能障害であるという説が有力。治療にも、神経伝達物質の濃度を高める薬物が用いられている。

 とはいえ、まだ不明な点も多く、正式な臨床検査がないため、診断には症状と経過の詳細な情報が必要とされている。とくに役立つのが小学校時代の通知表。ADHDの患者には、担任によるコメントに「文字が乱雑」「計算ミスが目立つ」「じっくり考える習慣をつけて」などの記載が共通する傾向にあるそうだ。(筑摩書房 800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る